【0046】消費税(GST)の還付について教えて下さい
Q:連邦消費税(GST)の払い戻しについてお伺いしますが、昨年カナダを旅行した際に現地ガイドからもらった「連邦消費税払い戻し申請書」を日本から郵送したのですが、いまだに返金がされてません。手続き方法が間違っていたかもしれないので、詳しい手続き方法を教えてください。これは帰る前に手続きしなければいけないんですよね? 宿泊代だけでも$1100ぐらいになりそうです。
[投稿者:匿名(E-mail)  投稿日:1999年6月]

A:カナダを訪れた外国人が受けられる「連邦消費税の還付」を申請するためには、(1)カナダの政府機関に直接申請する方法と、(2)現地の還付代行業者に委託する、の2種類の方法があります。いずれの場合も、還付を受けられる対象はカナダ国内での宿泊、物品の購入にかかった税金のみで、現地での飲食、交通費、ガソリン代、ツアー代金などは対象になりません。ただ宿泊費については、泊まったホテルが発行するレシートが無ければいけません。
申請には
(a)Tax Refund for Visitors to Canadaという申請書(空港などに置いてある)
(b)正式なレシート(1枚のレシートの課税前の合計金額が50ドル以上、1年以内のもの)
(c)カナダを出国したことを証明するもの(通常は帰国便の航空券の半券)   が必要です。
上記(b)のレシートをもとに課税額を計算して、(a)の用紙に記入して郵送すると、数ヶ月のうちにカナダドル建ての小切手が送られてくるので、これをノヴァスコシア銀行(東京・虎ノ門)等の外国為替を取り扱う銀行で日本円に換金します。この際手数料が2000円取られるので、還付額が2000円以下(1ドル=77円として約26ドル)のときは、手続きそのものをやらないのが良いでしょう。GST税率7%とすると、購入額は合計約370ドル(課税前の正味分)以上ということになります。手数料で引かれる分を抑えるために、友達などと行った場合は誰かが代表して合算するとか、1年に2回以上カナダに行った場合はそれらを合算して、なるべく1つにまとめるのが良いと思います。
上記(2)の還付手続き代行業者は、いくらかの手数料を支払いますが、帰国前に手続きして日本円で還付するというものです。
[回答者:Tom(管理者)]

 戻る〕 〔トップページへ戻る