【0160】Reader's Report
Q:7月上旬にロッキーに行かれた、のすけさんの帰国報告です。

A:昨日、カナダから帰国しました。予定通り、バンフからヨーホー国立公園、ジャスパーを経てMt.ロブソンまでを約6日かけて廻ってきました。滞在中雨に降られたのはわずか半日。あとは筋状の雲やぽっかりと浮かんだ雲が山肌に影をつくり、空は真っ青。湖面に山々が写り、天候はとにかく最高で、夢中でシャッターを切りました。特に、Mt.ロブソンが山頂まで綺麗に見えた時や、モレーンレイクの湖面にテンピークスが綺麗に写る姿は、鳥肌が立つほど感動しました。
心配していたタカカウ滝ですが、閉鎖は既に解除されていました。ただ、4年前の9月に行った時に比べ、かなり滝の水量は多かったですね。とてもダイナミックでした。また、キャベルメドウのトレイルも歩いてきました。小さな湖(エンジェル氷河の下)側から上っていきましたが、途中からかなり残雪は多かったですね。従ってキャベル・メドウは一面雪景色でした。しかし、時々聞こえるエンジェル氷河の崩れる音は圧巻でした。
野生動物にも沢山出会う事ができました。リスやピカ(なきうさぎ)は勿論、エルクやマウンテンゴート(赤ちゃんと一緒でした!!)、ビッグホーンシープ、ムース等など。唯一、熊だけは見る事が出来ませんでしたが・・・。ただ、エルクは今回はバンフ街中ではすっかり見かけなかったですね。
気温的には、ヨーホー(レイクルイーズ)付近が一番寒かった気がします。朝は車のガラスが凍ってました。でも、日中は晴れれば暖かいので長袖シャツにフリース程度でOKでした。ただ、サルファーMt.のゴンドラなど、更に標高の高いところに行く時や、天候が悪い時は急に冷え込むので、薄手の風を通さないパーカーのようなものをリュックに忍ばせておくといいようです。
[投稿者: のすけ さん  投稿日:2000年7月8日]

 戻る〕 〔トップページへ戻る