【0206】カナダのへリスキーについて教えてください
Q:カナダでのへリスキーを計画中なんですが、まったく知識がありません。へリスキー経験者の方、晴れやすい時期、予算、適したスキー場、ツアーで行くのか個人予約するのかなど、何でもいいですので教えてください。
[投稿者: hiro さん  投稿日:2000年10月]

A:私はスキーが好きで、例年年末年始とゴールデンウィークは、"CMH"という会社がブリティッシュコロンビア州内陸部のコロンビア山脈(カリブー、モナシー、セルカーク、パーセルの各山脈)で運営している、週単位のヘリスキーに行ってます。
天気ですが、概況は日本と同じで冬(12〜1月)は天気が悪く雪の日が多く、春になるほど晴れの確率が高くなります。CMHの場合、いわゆるヘリスキーらしい標高の高い開けた所(氷河を含む;オープンスロープ)には冬はあまり行きません。理由は、悪天候の確率が高い、雪の状態が安定していないので雪崩の確率が高い、積雪が充分でなくクレバスが埋まっていない、等です。従って森林限界以下の林中を滑る割合が多いです。春になればなるほど、逆にオープンスロープを滑ることが多くなります。しかし気温が上がって晴天の確率が上がるので、雪質は悪くなることもあります。
今年のゴールデンウィークは、暖かく雪が少なかったですが、標高1500m以上の地域はまだこの時期でも雪に覆われていて、山頂に近いところでは冬のようなパウダースノーを滑ることができました。今年はジャスパーから100km程度西にあるカリブー山脈にあるCariboosというロッジにいましたが、ここの氷河の景色は素晴らしいです。
またゴールデンの南のラジウムの近くに、バガブースというところがあるのですが、そこの景色はすばらしいです。そこには、バガブー、ピジョン、スノーパッチやハウザータワーなどのスパイヤー(岩山)と氷河があり、その間際を滑ったりヘリから眺めたりできます。 CMHは夏にはヘリハイキングや登山ガイドもやっているので(私は行ったことないですが)そちらもお勧めだと思います。興味ありましたら、以下のサイトを見て下さい。
http://www.cmhski.com/  (英語)
http://www.cmhjapan.co.jp/ (日本語)
CMHの場合、各コースの安全性は事前に評価されていますし、もちろん他のヘリスキーオペレーターも同様だと思います。と言っても自然の山の斜面を滑るのですから、雪の状態によっては雪崩の可能性もあり、崖、沢、また穴(特に木の根元の穴:ツリーウエル)等々危険な状況はあります。ヘリスキーは必ずガイドに従って滑るのですが、ガイドと異なるラインを行くと上のような危険な所に行く可能性もありますので、必ずガイドの指示に従うことが必須です。雪崩に関しては、ガイドは毎朝雪面の安定性を評価して、滑走可能なコースを選定しています。安全に関しては非常によく考慮されていますが、自然相手で刻一刻状況が変化するので、100%の安全性が保証されているわけではありません。雪崩やツリーウエルに落ちたための死亡事故も起きています。CMHでは35年間でのべ10万人の利用者のうち32人が亡くなっています。安全性に関しては、
http://www.cmhski.com/safety.htm(英語)やhttp://www.cmhjapan.co.jp/b.html(日本語)にかなり正直に書いています。
新雪を自分のペースで転ばずに滑れたら、大変なことではないと思います。また、春の雪は圧雪と同じように滑れるので、特に春は楽に滑れます。
このほかにバンフやウイスラーから行ける1dayヘリスキーもあります。予算は数百カナダドル程度で、バンフやウイスラーのインフォメーションやホテルのフロントで予約できるのではないかと思います。
http://user3.allnet.ne.jp/ngi/heli.htmにも少しヘリスキーの記載がありました。
[投稿者: たかしま さん  投稿日:2000年5月、10月]

 戻る〕 〔トップページへ戻る