【0443】バンクーバーに1年間留学しますが、現地で手に入りにくい生活必需品はありますか?
Q:私は来月から1年間ほどの予定でバンクーバーに語学留学します。日常使うもので、持っていったほうが良いというものはありますか?
[投稿者:マーメイド さん  投稿日:2002年7月]

A: 語学留学で学校に通うとのことですが、ノートはルーズリーフを使います? カナダには日本で一般的に使われている穴の数(26穴)のルーズリーフ(バインダーや紙)は無いです。カナダでは文房具の種類が日本に比べものすごく少ないです。穴の数の少ないルーズリーフならありますが、バインダーがやたらヘビーです。なのでもし日本製のルーズリーフを持って行くのなら、1年分の紙も必要です。それからシャープペンや、蛍光ペン、カラーペンなども、もし必要なら日本から持っていったほうが安くて高品質なものが買えます。
あと寮に住まれるとのことですから、ご自分で料理もされるのですよね。そこで食材ですが(あくまでも荷物にスペースがあればですが)、しょうゆなんかはどこのスーパーでも売っていますが、みりんや酒などは日本食材屋に行かなければ売ってないですし、値段も高いです。カレールーはどこでも売っていますが、ハヤシやシチューのルーは無いです。クラスメイトを招待してパーティーを、なんていう時には寿司太郎やすし酢、のりなんかもあると便利です。
[回答者:たこ さん]

たこさんは、ルーズリーフを1年分持っていたんですか? あちらはA4サイズではなく、レターサイズですか? 普通のノートもあまりないんでしょうか? 語学学校の生徒達は、どんなものを使っていたんですか? クリップ、ホッチキス、セロテープなどの文具もあまりないのでしょうか? 何から何まで、全て持っていかないと心配になってきました。
[回答者:マーメイド さん]

ルーズリーフのサイズですが、紙は3つ穴でサイズはほぼA4ですが、縦が2センチほど短いです。もちろん、日本にあるような文具はほとんどあります。テープもホッチキスもクリップも。ただあまり種類が無いという意味です。テープとかホッチキスってどれを使っても一緒ですけど、ノートとか筆記具は毎日使うものだし、結構好みとかありますよね。そういう意味では、カナダは余り選ぶ余地が無いと言う感じです。ルーズリーフは、日本もカナダも同じだろうと思って持って行ったら、まんまと使えなくて、私は向こうで買いました。ノートなんかも勿論ありますが、紙質といい、種類といい日本のほうが良いように感じます。
あと、語学留学で1年って結構長いですよね。マーメイドさんの学校がどの様なタイプか分かりませんが、思うに語学学校に1年ぐらい長くいる人はほとんどいません。これは私立の語学学校は会話に重きを置いているので、進学希望の人はカレッジなどのESLに進学しますし、あとは数ヶ月の短期留学が多いためです。私も経験したのですが、仲良くなった子がどんどん国に帰ってしまい、また新たに来た子も自分より先に去っていくということの繰り返しでした。そんななか、カードやちょっとしたプレゼントを贈る機会があれば、日本の和紙で出来たカードや、立体型のカードなどは、他国の生徒や先生に贈ると喜ばれると思います。あとラッピング用に千代紙や和紙を持って行けばきっと役に立つと思いますよ。カードはカナダには驚くほど種類はありますが、ほとんどに文章が書かれていて、多目的のカードはあまり無いです。またラッピングの紙もありますが、和紙や千代紙は驚くほど高いです。参考になりそうなホームページを以下に紹介しておきますね。
http://allabout.co.jp/family/canadianlife/
http://www.jpcanada.com/
[回答者:たこ さん]

戻る〕 〔トップページへ戻る