【0447】バンクーバーに1年間留学しますが、生活費をどのように持っていこうか迷っています。
Q:私は来月から1年間ほどの予定でバンクーバーに語学留学します。現地の銀行口座としてロイヤルバンクに口座を作るのですが(すでに日本で手続き済みです)、念のため1ヶ月分の生活費のトラベラーズチェックは作って行ったほうが良いといわれました。でもT/Cって作るのにも手数料とられるので、もったいない気がしています。その代わりに日本円の現金を現地でカナダドルに両替しようと思っているのですが、どうでしょうか? 今は円高でレートが良いので、日本の銀行で換えて行こうかとも思っていますが、現地で替えた方が良いのでしょうか? 現地の口座が開設できたらDebitカードで買い物するつもりです。
[投稿者:マーメイド さん  投稿日:2002年7月]

A: トラベラーズチェックも良いですが、クレジットカードでもだいたいの用が足せると思いますよ。カードがあれば、それほど多くのT/Cを用意しなくても良いと思います。また手数料に関してですが、私も厳密に比較したことはないですけど、現金を両替するよりもレートが良いように思います。特にカナダドル現金は、米ドルに比べて売り/買いのレート差が大きいので、現金は最小限にした方が良いと思います。今は円高傾向で有利ですが、基本はカードにされた方が、保管の心配をしなくて良いと思います。
もしいま私が1年の留学に行くなら・・・、カナダドル現金は2〜3万円分、T/Cを7〜8万円分購入して、あとはカード決済用の日本の口座と、現地で開いたカナダドル建て口座に合わせて100万円ほど用意すると思います。Debitカードを使う予定とのことですが、これなら為替レートを気にしないで使えるので良いですね。ロイヤルバンクに多めに入れてもいいかもしれません。
[回答者:Tom(管理者)]

私も、とりあえず着いてから数日は困らない程度の現金を、カナダドルで200〜300ドルほど用意して行ったら良いと思います。そういえば私がカナダに始めて降り立った日の事を思い出したのですが、カルガリー空港のイミグレイションオフィスで、ビザを発給してもらうのに必要な書類を機内持ち込みの手荷物に入れていなかったために、スーツケースからガサゴソ取り出す羽目になり、大変な思いをしました。そうならないために滞在先の住所、入学証明書、カナダ大使館のビザ、貯金残高証明(ロイヤルバンクの残高明細でもいいと思います)、学費等の払い込み証明、帰りの航空券・・・などの必要な書類は、全てひとまとめにして手荷物として持って行くようにして下さい。
[回答者:たこ さん]

カナダドルは、現金とトラベラーズチェックのレートの差が大きいという傾向がありますが、実際にどのぐらい違うのか、改めて確認してみました。本日(8/10)、東京三菱銀行のサイトで確認したレートです。購入レートは、T/Cが78.27円、現金が85.27円でした。T/Cはふつう購入時に1%の手数料がかかるので、実質79.05円と言えるでしょう。たとえばこれで1000ドル分購入すると、T/Cが79050円、現金が85270円で、なんと6220円もの差になります。手数料を入れても、T/Cのほうがはるかにお得ですね。
ちなみにUSドルの場合は、T/Cが122.20円、現金が124.00円、同様に手数料を上乗せして700ドル分購入すると、T/Cが86394円、現金が86800円で、差は406円です。USドルは需要が多いためか、いわゆる外国為替市場のドル/円レート(ニュースや新聞で発表されているもの)と外貨購入レートの開きは少なく、またT/Cのレートと現金のレートの差も小さいようです。
[回答者:Tom(管理者)]

戻る〕 〔トップページへ戻る