【0595】Reader's Report
Q:9月上旬にロッキーを訪れたねこすけさんが、空港での保安検査について情報をくださいました。

A:今回のカナダ旅行では、エアカナダが満席だったのでユナイテッドに乗ったのですが、テロ1周年が近いためか、飛行機搭乗の際の検査がむちゃくちゃ厳しかったです。特にカルガリーからサンフランシスコへ入る準国内線では、手荷物のカメラや携帯、パソコンなどの電子機器は一つ一つ取り出してちゃんと動作するか確認させられました。電池切れ等で動作を確認できない場合はあえなく没収。これ、本当です。旦那の持っていったipod(mp3プレーヤー)は、たまたま滞在中にバッテリーが切れていたため、いくら説明してもダメ。没収されてしまいました。後で郵送すると言われたそうですが、帰ってくるのかなあ? それ以外の路線でも、抜き打ちのボディチェックが厳しかったです。2度も手荷物バッグを全部調べられて、靴の底まで見られましたよ。そんなに怪しかったのかとちょっとショックでした。これまでにこんなにボディチェックされたのは、12年前に乗ったイラク航空以来です。

カルガリー空港で没収されたipodが無事に帰国しました! 宅急便で送られてきたんですけど、なぜか内容物の表記が「ペンタックスのバッテリーチャージャー」でした。空港のセキュリティチェックの所で言われたのは、「君の選択は3つある。ここで捨てるか、カナダに寄付するか、自腹で郵送するかだ」。何でカナダに寄付しなきゃならないんだ〜と夫は叫んでおりました。宅急便代70ドルなり。まあ無事に戻ってくれてよかったです。ボディチェックは結構ランダムに、10人に1人ぐらいを抜き打ちで見ていました。引っ掛かった時は化粧ポーチの中をよく調べていました。そういうところに何か隠す人が多いのでしょうか。いちばん良いのは米系の飛行機に乗らないことですかね。
でもカナダ滞在はすごく良かった〜。また行きたいなあ〜。今度はぜひレイクオハラとアシニボインの山歩きを実現したいです。
[投稿者:ねこすけ さん  投稿日:2002年9月9日、14日]

戻る〕 〔トップページへ戻る