【0628】ホームスティのおみやげに「だるま」を持っていってはいけないでしょうか?
Q:カナダにホームステイに行きます。ホストファミリーへのお土産を考えていて、たまたま家にダルマさんがあったので、「これ、いいかも・・・、お土産に持っていこうかな〜!」と思ったのですが、友達から「差別につながるからダメよ!」と言われて、エッ!そうなの?と、思ってしまいました。本当にダルマさんは、差別にあたるのですか?
[投稿者:春奈 さん  投稿日:2003年2月]


A:ダルマのことですが、一部の人はあれを見ると手足がない人や目が見えない人への差別の象徴と思うようです。私には良く分かりませんが…。そういえば前に「キティちゃんに口が無いのは、女は黙ってろという意味で女性差別だ」と言って、あらゆるキティちゃんに口を縫い付けているイギリス人女性のことがテレビで放送されていました(口のあるキティちゃんは可愛くないです)。私から見れば「なにもそこまで…」と思いますが、「差別だ」と言っている人たちは大マジメですから、難しい問題です。そもそもカナダ人はダルマ人形自体を知っているのでしょうか? 
[回答者:(け) さん]

ホストファミリーへのお土産に「だるま」を持っていくことについてですが、私は個人的には差し支えないと思いますよ。(け)さんも説明してくれていますが、確かに一部の人は「だるま」を差別的だと思うようです。だるま人形は、初めは目が白いですよね。選挙のときなんか、当選すると墨で目を描くようになっています。これが目の不自由な人に対する差別だと言う人がいる、という話を聞いたことがあります。また、普通だるま人形は手足のない丸い胴体ですが、これが手足の障害のある人に対する差別につながる、という話になっているようです。
いずれも、この問題に過敏な人にはそう感じるのでしょうけど、それ以上に、だるま人形自体は長い日本の伝統文化の中で馴染んでいるもので、むしろ縁起をかつぐ民芸品として私たちの日常生活に定着しているものだと言えます。もともと差別的な意味合いを持つものではないので、あまり気にする必要はないと思いますよ。(け)さんの「キティちゃん」の話もそうですが、「多くの人はそう思わないけど、一部に過敏な反応をする人もいる」ということでしょう。だるまを持っていって、選挙で当選すると目を描くことを話題にすれば、もっと興味を持ってもらえるかも!?
ロシアの民芸品に「マトリョーシカ」という木の人形があります。人形の胴体が2つに分かれて、開けるとさらに小さい人形が入っているというものです。5段とか10段になっていて、次から次へと小さな人形が出て来るんです。一説には、これは日本のだるまや"こけし"がモデルになっているそうですから、「だるま」はある意味で国際的な、日本を代表する民芸品だと思いますよ。なかなかデリケートな話題だけに、一概に「問題なし」と決めつけるわけにもいきませんが、あまり気にしなくても良さそうですよね。キティちゃんの話は初めて聞きました。そういう考えの人もいるんですね。「こじつけ」のような気がしないでもないですが。確かに、キティちゃんがニンマリしているのも違和感あります。
[回答者:Tom(管理者)]

戻る〕 〔トップページへ戻る