【0726】Reader's Report
Q:たこさんが、カナダのペットショップについて教えて下さいました。

A:先日カルガリーとサスカトゥーンに1週間づつと、バンフにちょっと行ってきました。実は今回私達は、カルガリーとサスカトゥーンのほとんどのペットショップを巡って来ました。と言うのも我が家にはモルモットが2匹いるのですが、モルモットは日本ではマイナーな部類のペットらしく、あまり「モルモットグッズ」を日本では買うことができないのです。行った感想は、すっっごーく楽しかったです。モルモットグッズは勿論、ハムスターグッズ、ワンワングッズ、何でもあります。ハムスターやモルモットのハーネスなんて日本では見ませんよね?!
さすがカナダ! モルモットショーなんかもあるんですよ。たまたまバンフのアッパー・ホットスプリングスで出会った男性は、モルモットにカーラーを巻いてショーに連れて行くと言ってました(長毛のモルモットです)。想像すると笑えますね。あとお店の小動物は、鳥も含めほとんど勝手に触ったり抱っこしたり出来ます。おうちにペットのいる方は絶対楽しめますよ(いない人もね)。それで私は、あちこちで触っているうちにもう1匹欲しくなってしまって・・・、でも検疫の事もあるので買わなかったんです。でも参考までにと思って、帰りに成田の検疫で聞いたら、何とハムスターとモルモットはノーチェックだそうです。おどろき!! 買ってくれば良かった!
ペットが好きで、なおかつレンタカーで移動するという方は是非是非行ってみて下さい。
[投稿者:たこ さん  投稿日:2003年4月]


ペットショップの話は興味深く読ませてもらいました。ハムスター用のハーネスですか!? それは面白いですね。昨年の夏ごろ朝日新聞のwebサイトで、プレーリードッグにひもをつけて散歩させている写真を見たのですが、それに近いですね。
検疫がノーチェックというのは意外ですね。どんな動物も厳しくチェックされるのかと思っていました。意外と日本の検疫って不思議なところがありますよ。昆虫(クワガタなど)なんかも持ち込めたりしますからね。国内の農作物に影響を与えなければ良いという考えだそうですが、「本当にそれで良いの?」と思ってしまいます。ちなみに年末年始に訪れたニュージーランドでは、検疫の厳しさに驚きました。スーツケースなどは完全にオープンチェックで、食品はすべてチェック(生ものはその場で放棄)、ハイキングシューズのウラの土もじっくり見られましたよ。
[投稿者:Tom(管理者) 投稿日:2003年4月]

戻る〕 〔トップページへ戻る