【0901】Reader's Report
Q:バンクーバーとジャスパーを訪れたSYさんの帰国報告です。

A:以前、バンクーバーでの時間つぶしの方法と、ジャスパー・パークロッジのドレスコードのことで質問したSYです。子供連れ(8歳と11歳)で、バンクーバーに着いたその日にVIA鉄道に乗るという、きつい日程を立ててしまったのでご相談したのです。
7月28日〜8月4日まで旅行を楽しんできました。アドバイスどおり、バンクーバーでは無理やり起きていて正解でした。結局その日は、カナダ・プレイスのベンチでぼうっとしたあとギャスタウンを観光しました。子供はもちろんふらふら。何しろその日は、1日が40時間もあったのですからね。でもちょっとウトウトしただけで元気を取り戻し、VIA鉄道に乗ってからは絶好調でした。あのくらいの年になると、どうにかなるものですね。もちろん2人とも睡眠不足は残っていて、ドライブするたびに爆睡していましたが、かえって車に酔わなくてよかったようです(静かだし・・・)。ただ、まだ体力のない幼稚園児くらいだと体調を崩すかもしれないので、あまりお勧めできませんが。
それにしても、カナダ・プレイスってレストランが全然ないんですね! 日本だったらあんな絶景のロケーションでレストランがないってことはないのに、当てが外れました。ここに関しては、予習不足だったと思います。(初めはスタンレーパークに行くつもりだったのに、主人突然が行き先を変えたものですから・・・)。でも豪華客船の船上で優雅にプールに入っている人なんかをウォッチングしながら、「この人たち、何者なんだろうねえ」と親子で頭をひねるのも面白い経験でしたよ。世の中には、お金持ちがいるんだねえ、なんて言いながら。
以前、「ジャスパー・パークロッジぐらいの高級ホテルならジャケットを貸してくれるのではないか?」というお話があったので、チェックアウトのときに聞いてみました。レストランの予約係ではなくて、受付の人にに聞いたのですが、メインダイニングでは確かにジャケットは必要だけど、ジャケット貸し出しのサービスは特にやっていないとのことです。私たちは結局、メインダイニングには行かずに、1階のボーベール・ルームでやっていたビュッフェで食べました。ビュッフェでも60ドルもしましたが、さすがに素晴らしいご馳走でした。ピアノも弾いてくれるし、十分にムードを楽しめましたよ。
[投稿者:SY さん  投稿日:2003年9月8日]

ジャケットの件、尋ねていただきましてありがとうございました。バンフスプリングスのロブロイは貸してくれたし、他の国でも何度か借りたことがあったので、またどこかで入店を断られるような事があったらトライしてみてください。
[回答者:satoshi  さん]

戻る〕 〔トップページへ戻る