【0931】バンクーバーにアジア系の人が多いのは本当ですか?
Q:私はいま今年からのカナダ留学を検討しています。ブリティッシュ・コロンビア州が良いかなと思っているのですが、バンクーバーやビクトリアは日本や中国の人がとても多くて、ここはカナダ??って感じがするということを聞いたのですが、本当ですか?
[投稿者:リン さん投稿日:2005年1月]

A:バンクーバーなどの西海岸にアジア系の人が多く住んでいるのは事実のようです。ただトロントや他の都市と比べて比率がどうかというのは正確なデータが無いので、私にも何とも言えません。見た目が東洋系でも、○○系カナダ人の二世、三世の人はたくさんいますから、彼らは「カナダ人」なわけですし、カナダは他民族国家なわけですから、そういう面も含めて理解しておく必要があると思います。
「ここはカナダ?」という雰囲気を感じるかどうかも、その人の考え方次第なわけで、これには本当もウソもありません。
東京の六本木あたりを歩いていて、外国人が多いのを見て、「ここは日本?」と思う人がいたり、いなかったりするのと同じことではないでしょうか? 六本木でも、外国人をほとんど見かけない地方でも、日本は日本なわけですからね。
[回答者:Tom(管理者)]

トロントも世界各地の人が集まっていると聞いたことがあります。下記URLは90年代末のトロント留学生活を書いたサイトですが、「中心街には中国系東洋人が45パーセントほどいます」と書いてあります。数字の信憑性はわかりません(中心街とはどこを指すのかも不明)が、数はそれなりにいるということでしょう。情報は古めですが、読むと役に立つこともあるでしょう。
http://www.nurs.or.jp/~nemoto/Canada/live_tor.html
[回答者:田崎 さん]

田崎さん、コメントありがとうございます。トロントは「人種のモザイク」と比喩されるぐらいですから、世界の様々な民族が集まっているのでしょうね。エスニック・タウンもあるようですし。カナダには中国系の移民の方とか多いようですね。特にバンクーバーなど西部には多いらしいですから、リンさんの言われるような雰囲気は確かにあるんだと思います。
[回答者:Tom(管理者)]

戻る〕 〔トップページへ戻る