【0948】エアカナダのバンクーバー便で日本語の機内アナウンスはありますか?
Q:5月の最終週に1週間を使って、カナダ西海岸でのシーカヤック・ツアーに行くことになりました。付き合いのあるカヌーショップの企画で、ブリティッシュ・コロンビア州の沿岸にあるデソレーション・サウンドというエリアに行きます。
エアカナダの成田〜バンクーバー便では、機内の日本語サービスはどの程度なのでしょうか? 日本語が分かる人が1人くらいは乗務しているのでしょうか? 機内の放送で日本語は入るのでしょうか? 現地へ行く飛行機の選択は、ツアー参加者個人にまかされているのですが、私は5000円ほど安いエアカナダにしたいけど、他の人たちは日本航空を選びそうな感じです。私は英語だけでも何とかなりますが、同行する人たちは不安なようです。
[投稿者:田崎 さん投稿日:2005年3月]

A:私もエアカナダで行きました(関西空港〜バンクーバー便)。日本語が話せる人は乗務していましたよ。機内放送も日本語が入っていたとので、英語が話せなくても大丈夫だと思います。私の母は英語が話せませんが、物怖じしない性格のせいでしょうか、ジェスチャーで自分の飲みたいものとか頼んでいました。皆さん親切でしたよ。私も5000円を節約して旅行費用にしたいと思う派なので、時間などに大差がないのなら、安い方を選びたいと思いますね。
[回答者:こまめ さん]

デソレーション・サウンドは本土側なのですね。地図を見てみましたが、クアドラ島などがあるエリアのようです。サイトの写真も見ましたが、入り江と小島が浮かぶ素晴らしい風景ですね。
エアカナダのバンクーバー便ですが、東京からのフライトでしたら日本人乗務員が乗っているはずですし、カナダ人乗務員でも日本語ができる人がときどきいますよ。機内アナウンスも英語と日本語両方でされます。英語が苦手という人でも困らないはずですが・・・。日系エアラインが安心という人もいるでしょうから、まあ好みの問題といったところでしょうね。
こまめさん、エアカナダの乗務員さんの情報、ありがとうございます。エアカナダに限らず、日本発着の便はまず大丈夫ですよね。ルフトハンザなら日本語とドイツ語(+英語)、大韓航空なら日本語と韓国語・・・・という感じです。一方で海外の国内線は現地語だけということが多いですが、その場合でもカタコトの英語ができれば何とかなるものですよ。
[回答者:Tom(管理者)]

日系航空会社の日本〜中国便だと、日本語、英語、中国語でアナウンスされます。JAL、ANAとも中国の航空会社(それぞれ中国南方航空、中国東方航空)とのコードシェア便ということもあるみたいですが。中国国内線でも乗務員は英語を話してくれます。
[回答者:田崎 さん]

中国便は日本語、英語、中国語の3ヶ国語なんですね。やはり出発・到着国の言語+英語というのが標準というところでしょうか。カナダから日本に向かう便は、けっこう韓国とか台湾の乗客も多いですけど、さすがに何カ国語にも対応するというわけには行かないのでしょうね。
[回答者:Tom(管理者)]

戻る〕 〔トップページへ戻る