【0953】現地ツアーガイドやB&Bのオーナーにチップを渡す必要はあるのでしょうか?
Q:6月に初めてのカナダでクィーン・シャーロット諸島へ行くのですが、希望していたツアーが満員で、個人で手配していくことになりました。水上飛行機やガイド費用などは、トータル金額を参加者数で割る仕組みなのですが、いろんなガイドブックを見ていると、「ガイドに10〜15%のチップを」と書かれています。水上飛行機(片道5万円)、ロッジのガイド(参加予定のツアーは日帰りで3万5000円)にもチップ10%が必要なのでしょうか? B&Bの経営者にはチップ不要という考え方もあるそうですが、ロッジのガイドも経営者なので不要でしょうか?
[投稿者:akoya さん投稿日:2005年3月]

A:私もちょっと悩んでいるチップの件で教えてください。私は旅行でバンフに行く予定なのですが、日本の旅行会社で申し込みをしました。その会社には航空券とホテルの手配、そしてオプショナル・ツアーをお願いしてあります。その中で、「必要に応じて、現地スタッフが同行します」とあるのですが、その現地スタッフの方にはチップは必要なものなのでしょうか? 先のコメントでも「気持ちの問題」と書かれているので、おそらく同じことなんだろうとは思うのですが…。どうしても日本ではなじみがないだけに、頭を悩ませています。ちなみに「費用に含まれるもの」には「現地スタッフがサポートします」と書かれています。
[投稿者:りん さん投稿日:2005年3月]

チップはなかなか難しい問題ですよね。チップは気持ちを表すものですから、いくら渡さなければならないという決まりはありませんが、「私ならこうする」という点でコメントしてみます。ホテルのベッドメイクには置かない人も多いとのことですが、ツアーのガイドとなると話は別で、少し渡した方が良いのかもしれませんね。参加人数にもよりますが、4〜5人というのなら、20〜30ドルぐらいは考えた方が良いかもしれません。あまり10〜15%というのにこだわらなくても良いでしょう。おそらくガイドの拘束時間は終日になるでしょうから、5人×20ドルで1日に100ドルの副収入になります。謝礼としては喜ばれる金額かなと思います。それに20ドルならお札1枚で済むので、スマートかなという印象です。もちろん現場の雰囲気と気持ち次第でもう少し多くても(50ドルぐらいまで?)良いかもしれません。ロッジの経営者がガイドをされるということですが、部屋の清掃は別の人がやる場合もあると思います。気分良く滞在できたら1〜2ドル置いても良いかもしれませんね。
[回答者:Tom(管理者)]

滞在予定のロッジは、飛行機かボートでしか行けない場所にある家族経営の小さなロッジで、オーナーの家族しか住んでいないところなのです。ツアーは今のところ私1人だけ参加の予定なのですが、その場合も30ドル程度で問題ないでしょうか? また宿泊費・ガイド料は最後にカードで支払う予定なのですが、チップも最後にまとめて払っても問題ないでしょうか? それともツアーの都度払ったほうが良いものでしょうか? タクシーにはチップが必要とのことですが、水上飛行機のパイロットさんにも必要なのでしょうか? 旅費を見積もるときにチップをまったく考慮していなくて、今になって頭を悩ませています。
[回答者:akoya さん]

私は欧米の経験があまりないので、ほとんど耳学問での知識ですが、以下のように考えます。
チップは、サービスを与えてくれたことへの感謝と、所得があまり高くない被雇用者(ウェイター、ウェイトレス等)への収入補填の2つの意味があると理解しています。個人経営のB&Bやロッジなどでは後者の意味がほとんどないと思いますので、そういうところへは本当に感謝の気持ちだけで、額もあまり気張らなくても良いように考えます。
akoyaさんの質問についてですが、ロッジへのチップは、感謝できるようなサービスを受けたと思ったら、最後でも良いので払う(10%ぐらいかと思います)、感謝できないと思ったら払わなくても良いのではないでしょうか。水上飛行機のパイロットは、その人が会社の雇われ人だったら、基本は払う(それでも運賃の10%は要らないように思います)、個人経営に近いような人でしたら、ロッジに対してと同様にすれば良いのではと考えます。そういえば2、3年前にHISのツアーでハワイに行ったときに、現地スタッフや運転手などには全く渡しませんでした。
ちなみに私は、この5月にカナダのシーカヤック・ツアーに参加しますが、そのガイドさん(日本人だそうです)へのチップは何も考えていませんでした。日本でカヌーショップを経営するの人(今回の主催者:同行します)のお友達だそうですので、日本にいるのと同じ扱いで払わなくても良いのかなとも考えていました。
[回答者:田崎 さん]

田崎さんご意見ありがとうございました。1人しか参加者がいなかったとき、水上飛行機は1200ドル、ツアーも350〜600ドルになってしまうため、10%というとかなりの額になるため悩んでいました。たとえ20ドルでも、旅行で行く身には厳しいところですし。体験談ではないですが、チップについてネットで調べていたところ、「日本人ガイドにもチップは払ってください」みたいな文言を見たことがあります。
[回答者:akoya さん]

ツアー参加者はakoyaさん1人だけなんですね。でもツアー自体の料金はきちんと支払うわけですし、本来チップは無くても問題は無いはずですよ。ただ自分1人のために1日つきあってくれるわけなので、気持ちという意味で、10〜15%、40〜60ドルぐらい渡せば良いのではないでしょうか。20ドル札が単位になるので、そのぐらいが良いと思います。またチップを渡すタイミングですが、最終日でも良いと思います。これまでの話の流れから言って、水上飛行機のパイロットさんにも渡した方が良いでしょうね。そうなるとチップだけでもかなりな額になりますが・・・。
りんさんの現地係員へのチップですが、akoyaさんのケースと比べると少な目でも良いかもしれませんが、いくらか渡した方が良いように思います。ツアー参加者の数やガイドさんの拘束時間にもよりますけど、私なら20ドルぐらいにします。ホテルの部屋の清掃やレストランのフロアスタッフと違って、なかなか決めるのが難しいケースですよね。
田崎さんがおっしゃるように、支払いが4〜5万円になって、その10%とか15%になると、チップだけで相当な額になりますから、あまり割合にはこだわらなくても良いと思います。
[回答者:Tom(管理者)]

ご意見、アドバイス等ありがとうございました。個人旅行で行くため、オプショナル・ツアーと言っても、どういう形のものなのか分からない部分もあるのですが…。今のところ2時間程度の星空ツアーと9時間程度のコロンビア大氷原のツアーに申し込んであります。チップは参加人数にもよるんですね。考えに入れておきます。それから、バンフからカルガリー空港まで係員の方が送ってくれることになっているのですが、もしかしてこういう場合もチップが必要なのでしょうか?
[回答者:りん さん]

個人経営のゲストハウスオーナ兼ガイドさんは、私がお金ぎりぎりで行くことを知っているので、できる範囲で気持ちを表すようにしたいと思います。水上飛行機は10%となるとチップだけで1万円を超えてしまうので、現地についたら誰かに相談してみます。水上飛行機もツアーも、他に参加者が現れたら半額になるので、6月までに参加者が現れることを祈るだけです(笑)。
りんさん、もし旅行会社で申し込まれたのなら、その会社に聞いてみると相場を教えてもらえそうな気がするのですが、いかがでしょうか?
[回答者:akoya さん]

そうですね。旅行会社の人に聞くのも、答えにくいかな〜と思っていたのですが、こんなに悩むのなら思い切って聞いてみるのも手ですよね。そうしてみます。
[回答者:りん さん]

チップというものの性格上、スパッと答えが出せない(一般的な答えが存在しない)というのがもどかしいところではあります。オプショナル・ツアーのチップも、1つには参加費用の10%ぐらいという目安もありますが、私自身は過去に現地ツアーでガイドやドライバーさんにチップを渡したことはないですよ。今思えば「少し渡すべきだったかも」という気もしますけどね。
空港までの送迎については、むしろ少し分かりやすいかなという気がします。中には自力で行く人もいますが、現地の事情に詳しくないので、こちらは多少の手助けを「お願いする」立場ですから、そのための感謝の気持ちを表すのにチップは有効だと思うんです。もちろん、その業者が売っている「サービス」という商品を買うだけの客であるという見方もできるわけですけどね。
akoyaさんの、水上飛行機のパイロットへのチップ、運賃の10%というと相当な額になりますよね。まあ、一律10%というふうに考えるとそうなるのですが、逆に1万円ももらったら、うれしい反面、恐縮してしまうかもしれませんね。20ドルぐらいでもOKだと思いますよ。そういう点で、ガイドさんにも20ドルぐらいが妥当ではないでしょうか。先日は40ドルと書きましたけど。
お札1枚ぐらいの方が、義務的に払っているという感じが薄れて、かえってスマートに見えると思いますよ。
[回答者:Tom(管理者)]

前にクィーン・シャーロット島のインフォメーション・センターにメールで質問していたのですが、忘れたころに返事がきました。皆さんの今後の参考までに回答を紹介します。
「ロッジのオーナーには、食事と宿泊費の10〜15%のチップ払うのが標準。水上飛行機は必ずしも渡さなくてもよいけど、特別のサービスをしてくれたら、20〜30ドルぐらい渡したほうが良い」とのことでした。ロッジのオーナーには、ガイド料金に対するチップだけを考えていて、宿泊費や食費については考慮していなかったので、再度混乱してしまっているのが正直なところです。皆さんはロッジなどでチップを払われていましたか?
[回答者:akoya さん]

クィーン・シャーロットのインフォメーションに問い合わせをしていたんですね。「ロッジのオーナーに食事・宿泊費の10〜15%」とのことですが、例えば1泊150ドル×3泊で500ドルぐらいとすると、その1割で50ドル・・・、食事代も計算に入れると、結構多いかなという印象ですね。まあ、私の意見としては、インフォメーションの言うこともあまり鵜呑みにしなくても良いかなという感じです。水上飛行機は20〜30ドルとのことですから、これまでの話は妥当なところかなと思います。
[回答者:Tom(管理者)]

そうなんです。インフォメーション・センターにメールをしていたのですが、返事が無いのであきらめていました。B&Bのチップについても知りたかったのですが、再度メールしたら返事をくれて、チップは感謝の気持ちを表すものだから、レストラン以外は「絶対に渡さなければいけないわけではない」とのことでした。Tomさんのアドバイスどおり、感謝の気持ちを20〜30ドルで表せばよいかなと、少しほっとしています。現地のツアー会社を含め、カナダの人からはかなり親切なメールをいただいたので、今から初カナダ旅行がとても楽しみです。
[回答者:akoya さん]

つい先日、トロントにやってきました。思っていたよりも寒いです! 5月からESLの授業が始まります。
チップについていくつか書き込みがあったので、読ませていただきましたが、私もいまいちよく分からない仕組みです。ファストフードでは必要ありませんよね。今日、ショッピング・モール内のお店に入ったのですが、ファストフードっぽいお店でしたが、店員さんがサーブしてくれました。こういう場合にチップは必要なのでしょうか?
[回答者:リン さん]

自分の経験でいいますと、私がこれまで出したのは結構少ない金額です。B&Bやロッジなどはベッドメーキングのみ1ドル、(安宿〜中級ホテル)、部屋に何かを運んでもらったら1ドル、モール内のファストフードは、レジのそばに大抵受け皿があるのでお釣りを入れる程度です。レストランでは、オーダーから配膳、最後にチェックまでしてくれれば上限で10〜15%ですが、最初に支払うところなら、サーブを受けてもテーブルに1ドルを置くぐらいです。タクシーも10〜15% バレットパーキングは1ドルか、高いところでも1.5ドル、チップ込みの金額が表示されていることもあります。それ以外では計算上10ドルを超えても10ドル以上払うことはないです。特に若い人や学生、バックパッカーのような旅行者は少なくても全く平気だと思います。あとはこちらの人数や年齢など考慮して支払います。チップが必要かどうか分からない時は、現地の人が払っているかを見てから払ったりもしていますよ。 
[回答者:satoshi さん]

たくさんの方がこの問題に興味があると思いますが、私は基本的にsatoshiさんのご意見に賛成です。akoyaさんの書き込みにも「チップは感謝の気持ちを表すものだから、レストラン以外は絶対に渡さなければいけないわけではない」とありましたが、全くその通りですね。ほとんどのレストランがそうですが、彼らはチップで生活しているといっても過言ではありません。もしチップを支払うことが余計だと感じる人がいるのであれば、その人は旅行や食事をするべきではないと思います。そんな私ですが、過去に何度かレストランでチップを少なめ(5%ぐらい)しか置かずに店員ともめた経験があります。その時はマネージャーを呼んで、店員のサービスを説明して納得してもらいましたが・・・。参考までにカナダでB&Bを経営している友人に聞きましたが、「ホテルのベッドメーキングには1ドル必要だろうけど、自分達には必要ない」って言っていました。その人も他のカナダ人もそうですが、現地の人でさえ支払うべきかどうか、判断に困る時があるそうですよ。そんな時は「お金を渡すことがかえって相手に失礼にあたる?」と考えるそうです。
[回答者:ogopogo さん]

チップの額は「少ないといけないんじゃないか」とか考えてしまいますし、逆に多すぎると、もらう方も恐縮してしまったりするでしょうから、単純に○○の10%とか、決めてしまわなくても良いと思います。
よく「ファストフードでチップは必要ない」と言われますが、マクドナルドのようにカウンターで品物を受け取って、自分で席に持っていって食べる、食べ終わったらトレー置き場に自分で戻す・・・という形式ではチップ不要という考えで問題はありません(あるいはお釣りをトレーに入れる程度)。本来は不要と言われているぐらいですから、お釣りを少々残してくるというのは、かえってスマートだと思いますね。またSUBWAYやデリのように、こちらの注文どおりに作ってくれても、あとは自分でというところであれば、これも不要と考えて良いと思います。
店員さんが席に持ってきてくれる/食後の食器はそのままで良い、という形式なら、通常のレストラン並みかなという気もしますが・・・。satoshiさんの「料理がサーブされる場合でも前払いなら1ドルぐらい」というのは明快ですね。それに「前払い方式にはチップ不要説」は私も賛成です。
他のケースでも上限10ドルぐらいというのは、妥当なところではないでしょうか。先日からお話があるように、水上飛行機とかツアー代金とか宿泊費などは、10〜15%というと相当な額になりますから、それは20〜30ドルで十分ではないかと思いますね。チップとして何千円・何万円も払うというのは本来の目的から外れてしまうような気がします。
B&Bのケースでは私もよく迷いますけど、実際に経営されている人の意見として、「ベッドメーキングに必要、オーナーには不要」というお話が聞けたのは良かったと思います。まあこれも、気持ち次第なのだとは思いますが。
[回答者:Tom(管理者)]

戻る〕 〔トップページへ戻る